桜の花が舞うころに

さくらのはながまうころに【登録タグ: ヨメニヤランP 初音ミク
作詞:ヨメニヤランP
作曲:ヨメニヤランP
編曲:ヨメニヤランP
唄:初音ミクAppend(Vivid)

曲紹介

ヨメニヤランPこと真琴 微です。
キーが高すぎる件を修正しました。
お好み焼き食べたいです。
出会いと別れにはお好み焼きです。
メインボーカルはVividです。
桜の花はヨメニヤラン!!!1

歌詞

動画より転載)

木々芽吹く春 日々根付く夢に
今日という名の 足跡残し
吹き抜ける風 駈け抜ける僕らと
同じように

気がつけば もうこんなに経つんだ
ひたすら走ってた あの日の僕を見つめて

桜の花が はらり 舞うころに
僕はここから 飛び立つよ
覚束ないまま 見様見真似だけれど
きっと飛べるよ

忘れ物は いっぱいあるけれど
忘れられないこの思いが
きっと大切な 力になるんだ
さあ 翼を広げて


満ちていく海 四季巡る時間(とき)に
立ち寄った日の 足跡捜し
手をかざせば 目の前に広がる
希望がある

いつの日も 一緒に肩並べて
騒いでいた友達も 進むべき道を見つめて

僕らの現在(いま)は 未来を目指して
気づかないうちに 加速して
楽しかったことや 悲しみも全部
そう思い出になる

今を一杯に楽しむことが 今の自分を創るのなら
まなたき一つも 無駄にできないなんて
思えたりもする


桜の花が 空に 舞うころに
僕らここから 飛び立つよ
自由な姿で 見様見真似でもいい
きっと飛べるさ!

桜の花が はらり 舞うころに
僕はここから 飛び立つよ
どんな夢でもいい 胸に強く抱けば
きっと飛べるよ

忘れ物は いっぱいあるけれど
忘れられないこの思いが
きっと大切な 力になるんだ
さあ 翼を広げて

暖かな 風にのって


香る春 日々巡る時に
今日という名の 足跡残し
旅立ちの歌 唄う鳥のように
いつまでも


コメント

名前:
コメント: