むかしむかしの恋の歌

むかしむかしのこいのうた【登録タグ: KAITO MEIKO 顔面強打P

作詞:顔面強打P
作曲:顔面強打P
編曲:顔面強打P
唄:MEIKO,KAITO

曲紹介

  • およそ|樹海|   ┗(^o^ )┓三な歌詞です。(投稿者コメントより転載)
  • 年長組による民族調曲

歌詞

さざめき囁く星々
映した水面揺らす
したたり落ちては溢れる
雫が扉を開いた

吹き抜ける風が向かう先
娘の足は奥へ

むかしむかし娘は
若者と恋をした

月の照らす夜
心震わす森で

心を握った瞳が
映した知らない影
視線は行き場を失い
娘は瞳を閉ざした

光踊るさかさまの森
何も映さぬ水面の先

むかしむかし娘は
若者と恋をした

優しく誘う轍
時を戻る夢

離れた手も
去る背中も
忘れて?

恋に焦がれるその胸を
そっと手招く

彷徨うように 甘いワルツを

むかしむかし娘は
若者と恋をした

月の照らす夜
心惑わす森で

むかしむかし娘は
若者と恋をした

森に消えたその行方を
知るものはいない

コメント

  • ページ作成乙 最近見つけた素敵民族調 大好きです! -- 名無しさん (2011-11-13 00:23:11)
  • いいなぁこれ、年長組はのびのび歌う曲が合うなぁ -- sn (2011-12-11 12:28:16)
  • もっとのびるべき! -- 名無しさん (2011-12-25 22:26:37)
  • 心を握ったじゃなくて「さらった」だと思うんだよね -- 名無しさん (2012-11-27 13:25:31)
  • 裏歌詞知りたいなあ・・・ -- 名無しさん (2013-03-17 18:37:01)
名前:
コメント: