護りの唄

まもりのうた【登録タグ: GUMI neve 真理恵 真理歪

作詞:Fiolos
作曲:neve
編曲:neve
唄:GUMI

曲紹介

  • 今回は(も)Rockです!いつも側にいてくれた人がいなくなってしまう、そんな曲です。(作者コメ転載)
  • 歌詞を Fiolos氏 が、イラストを 真理歪氏 が、動画を 真理恵氏 が手掛ける。

歌詞

キミの言葉が 今日も聞こえる
生きてく術を 教えてくれる
その眼差しと 強い覚悟に
ずっと守られて ここまでこれた

ほら茨の道を歩む度
胸のランプに炎灯し
膝つくこともあるけど
必ず歩きだすよ

傷だらけの キミの姿
ひとつひとつに 理由があって
その身で受けて くれた証
そんなことに気付きもしないで

両手組んで 祈りの言葉
どうか強くいられるように
真似して祈る 私を笑う
「強くなってね」 確かに聞こえた

まだ苦難の道が続く
ほんの少し困った表情で
教えてくれたおまじない
大丈夫・・・だよね? 

疲れ果てた キミの身体が
音を立てて 崩れ落ちる
その眼差しは 前へ進めと
優しく微笑んでいて

もう歩けない 絶望の中
涙が枯れると 光が差し込む

教えてくれた 一つ一つを
大事に胸に 刻んで歩く
心の中に あなたがいるから
「強くなったね」 いつか聞けるように

コメント

  • wiki作ってくださり感謝! -- 名無しさん (2011-07-10 19:58:02)
  • かっこいいです!! -- 名無しさん (2011-07-16 13:40:53)
名前:
コメント: