フロウフロウ

ふろうふろう【登録タグ: ←P 初音ミク

作詞:←P
作曲:←P
編曲:←P
唄:初音ミク

曲紹介

ピンク色を滲ませたけど、こげ茶色には馴染まないよなぁ。
  どっちの色も、君が好きって教えてくれた色だよ。
    もしも時が戻せるのなら。また君と此処で逢えたなら。
      そんな事をまだ思ってる、弱い僕が居た。
  • アルバム『Verbleib』からの1曲。

歌詞

どれだけの日を彷徨ったのだろう。
どれだけの人を見送ったのだろう。
誰も知らないこのキャンバスに、
白の絵の具で想い描くよ。

壊れていくの。廃れていくの。
無くならないと思っていたよ。
離れていくの。忘れていくの。
淡い記憶も、甘い言葉も。

ピンク色を滲ませたけど、こげ茶色には馴染まないよなぁ。
どっちの色も、君が好きって教えてくれた色だよ。
もしも時が戻せるのなら。また君と此処で逢えたなら。
そんな事をまだ思ってる、弱い僕が居た。

乗り込んだ電車はきっと片道で、
帰りの切符なんて持ってなかった。
ずっとそこにあったココロの居場所は、
無くなって。泣くなって、そんなん無理で。

帰り道、一人。星空が綺麗。声を落としたようだ。
向かうのは、一人。想い出に二人。歌が聞こえてきた。
「ハローハロー」そんな柔らかい声が響いた気がした。
大切な君に、お別れを告げる時が来たようだ。

涙色を滲ませたけど、星空には馴染まないよなぁ。
だけど今だけ、どうか今だけ、泣くことを許してください。
もう時は戻せないけれど、また君と笑い合えたなら。
その時はもう、すれ違う事のない二人でいようね。

星が道を示して、帰り道を照らした。
きっと戻る事ないこの道を後にする。
「もう一度」なんてさ、言える訳もないから、
どうか世界一、幸せになれ。

もう二度と戻れないけれど、またいつか笑い合えるよね?
その時までに、僕のだった君にサヨナラするから。
その時はもう、傷つけあう事ない二人でいようね。


コメント

  • 相変わらずいいなぁ -- 名無しさん (2011-07-07 07:23:25)
  • 歌詞見ただけで泣けた -- 名無しさん (2011-07-07 22:15:12)
  • すごくきれいで感動した -- 名無しさん (2011-07-08 21:03:22)
  • 良い。 -- 名無しさん (2011-07-15 21:24:50)
  • 泣けるわぁー -- 名無しさん (2012-01-27 08:04:33)
  • 泣けるー -- 名無しさん (2012-01-31 21:53:48)
  • ナイス(笑) -- 名無しさん (2012-02-05 07:26:31)
名前:
コメント: