銀色ロケット

ぎんいろろけっと【登録タグ: kozzyTAn 初音ミク

作詞:kozzyTAn
作曲:kozzyTAn
編曲:kozzyTAn
唄:初音ミク

曲紹介

  • kozzyTAn氏が七夕の前日に投稿した七夕曲。
  • スキッと爽やか喉濾しサッパリ系の、ストレートなロック曲になってます。(投稿者コメントより転載)

歌詞

幼い日君と見つけた 錆まみれ銀のロケット
潮香る浜の岩辺に 眠るように突き刺さってた
空を飛ぶ姿見たくて 二人で直そうとしたけど
直しかたが分からなくて なぜだかとても悔しかった

夏の終わり十字星の下 僕たちは固く誓った
大人になったら二人で 宇宙へ行こうって

離れ離れになって どれくらい経つだろう
あの日の約束はまだ色褪せていない
君はまだ僕を覚えているだろうか
淡い希望を胸に今日も夢を追う

別れの日君と走った 虫が鳴く七月の山
少しでも高い所で 夜空の星を見たかった
パノラマのような天の川 瞳に強く焼きついて
君にいいとこ見せたくて 悲しみ涙をごまかした

君のことを忘れたくなくて 僕は心に誓った
いつの日か銀のロケット 作ってみせるって

時が流れるごとに僕たちも変わりゆく
あの日の記憶だけ 現実(リアル)に追いつけない
僕はまだ君を想えてるだろうか
小さな焦り胸に今日も星を見る

十七度目の七月七日 あの日と同じ岩辺に
僕と僕が作ったロケット 七日七晩待ちぼうけ
闇夜の中ずっと探した 懐かしい君の銀の髪
星が散りばむ空の下 約束の時は来る

離れ離れになってどれくらい経つだろう
あの日の約束はまだ色褪せていない
君はまだ僕を覚えてるだろうか
淡い希望を胸に

時が流れるごとに僕たちも変わりゆく
あの日の思い出はガラスの箱の奥
僕の心は少年の頃のままで
君の瞳に映る銀河を ずっとずっと漂う

コメント

  • お名前の読み方がわからないことに(´・ω・`) -- 名無しさん (2013-07-01 02:33:44)
名前:
コメント: