夏の通り風

なつのとおりかぜ【登録タグ: Vader 初音ミク

作詞:Vader
作曲:Vader
編曲:Vader
唄:初音ミク

曲紹介

  • 夏を先取りしてそこはかとなく夏な装いで決めてみました。(投稿者コメントより転載)

歌詞

ピアプロより転載)

白いワンピースの肩まで 伸びた君の髪は
爽やかな風に吹かれて まるで波模様
道行く小鳥の鼻歌 右へ左へ
僕らの口笛合わせて ハーモニー

白い砂利道にそのサンダルは ちょっと辛そう
君に声をかけてみても 笑顔のままで
道行く青葉のダンスが 右へ左へ
僕らのリズムに合わせて 歩くよ

行き過ぎる 夏の煙 列車になびいて 空を埋める
この街に 通る風よ
コサージュに香る 夏の匂い

そっとカメラの向こう側 君の後姿よ
パンケーキレンズに射し込む 淡い眩しさ
何枚撮っても答えは いつも同じで
僕らの思い出重ねる シンフォニー

行き交うよ 夏の風が 川面に映った 雲のように
この道と 続く明日よ
透き通る風は 夏の色に

コメント

名前:
コメント: