オリオンと雪

おりおんとゆき【登録タグ: YG21 初音ミク

作詞:YG21
作曲:YG21
編曲:YG21
唄:初音ミク・YG21

曲紹介

  • オリオンと雪と」のリメイク版。
  • 歌詞・オケが変わっているほか、こちらはYG21氏がミクと一緒に歌っている。

歌詞

ピアプロより転載)

何度となく探していた 見つからないのは分かってたことなんだけれども
白い息は音もなく ただ消え行くのを見つめてはまたため息さ

ぼたんゆき舞う空の色想いの果てで
「もう何にも怖くは無いさ」って何度も言い聞かせて

オリオンの空に星が輝いていて この街と 二人の思いを 深くつなげてくれる
優しく響く 冬の賛美歌のように 巡りゆく思いはいつでも 届いてゆくから

空の雲は泣き出しそうで 静かな夜を迎え入れては押し出してく
雨の雫は柔らかな雪へ このままそっと手を 繋いでいれたらいいのにな

ゆっくり抑えきれなくなるよ 君への想いが
全てを受け止めてゆく覚悟は まだ無いけど

冬の寒空の 風と雪の舞う輪曲 恋しくてやけに会いたくて 声が聞きたくて
目の前の君が 雪となってまた溶けて 今以上の孤独を感じて眠れそうに無いよ

オリオンと雪と 僕と私と君と

君に会いたくて 会いたくて涙が出て たくさんの季節が巡るけど 思い出すのは君
空から見てるよ 君を見守ってるよ たくさんの思いを君から 深く感じれるよ
また雪が降る 冬の寒空の下で 巡りゆく思いを乗せて 届けてゆくよ

広がってく思いを乗せて 届けてくから

コメント

名前:
コメント: