夏風 > いろなP

なつかぜ【登録タグ: いろなP 巡音ルカ
作詞:いろなP
作曲:いろなP
編曲:いろなP
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • いろなP の9作目。
  • 夏に吹く風が記憶を醒ます、そんな感じのバラードです。(作者コメ転載)

歌詞

そっと乾いた風 頬をなでていく
灼けたアスファルトに 揺れる幻

思い出してしまう 微笑んでいた君
吹き抜ける記憶が 心空っぽにする

遠く 遠く 永遠に醒めない夢のよう
今も残る 君の陽炎
心かすめる風

季節が 移り過ぎては
僕を切なくする 風が駆けていく

痛みも夕立に 紛れたはずなのに
叫ぶ蝉時雨は 君の名前を呼ぶ

響く 響く 最後の言葉が胸を刺す
あの日 君が離した手を
忘れられず
淡く 淡く 薄れる温もりが哀しくて
乾いた風 駆けるたびに
君を想う 今も

遠く 遠く 永遠に醒めない夢のよう
あの日 君が離した手を
忘れられず
淡く 淡く 薄れる温もりが哀しくて
乾いた風 駆けるたびに
君を想う ずっと
過ぎてゆく風 そして君
この記憶が 色を変えて
やがて 明日になる日まで

夏風 通り過ぎていく
僕を残して

コメント

名前:
コメント: