蛍火 > コイルP

ほたるび【登録タグ: コイルP 初音ミク

作詞:コイルP
作曲:コイルP
編曲:コイルP
唄:初音ミク

曲紹介

  • ロックっぽいものを作ってみました。なんかいろいろと迷子になってます。(作者コメ転載)

歌詞

色褪せた青空の下
日が暮れる少し前

淡い色で揺れる影
背中に受けて追いかけた

自転車の後ろで
頭の垂れる釣竿の
その影が夕暮れを切れば
夏の夜はもうそこまで

水からくりのような風景に映える
木々はまるで摩天楼
手を繋いでも、すり抜けてく
雨上がりの虹のようだ

君と離れた日
蛍火の群れ川に揺れて
僕たちはお別れをするよ
目の前広がる天の川
渡れず僕は泣いたんだ
頭を垂れたあの夜の
面影が夜闇を切れば
夜明けの時はもう そこまで

コメント

  • キラキラした感じの音が好きです(゚ω゚* -- 名無しさん (2012-01-02 20:22:08)
名前:
コメント: