エレンフリートの魔女

えれんふりーとのまじょ【登録タグ: けしごむ 鏡音リン

作詞:海瀬
作曲:けしごむ
編曲:けしごむ
唄:鏡音リンAppend

曲紹介

  • 本作はボカロクラシカの10作目。
  • ベートーベンの ピアノソナタ「悲愴」の第1楽章 がベース。
  • 歌詞は 海瀬氏 が手掛ける。イラストは ざくろ氏 の描き下ろし。

歌詞

深い森の中 魔女の住む森の奥
神を騙る森の中 魔女の死んだ廃屋
逃れ出てきたのは 名も無い1人の "魔女"
母との誓約を 胸に抱いて外の世界へ

初めての町 知らない人たち
誰もが母を 魔女と呼ぶことはない

瞳を焼いた炎 夜に沈む記憶
母を殺した黒い影が今でも胸に残る
出会った人は 優しく笑うけど
彼らも魔女を殺すと 己の罪がささやく

風躍る月の丘 人の住む石の町
夜誘う夢のあと 今日のその陽が落ちたら
町は彩られて 夏祭りが始まる
宵闇に包まれて 炎を灯す聖夜の蹄

月夜に遠く 墓標の森は
その忘却を 決して赦さない

復讐の黒い炎 風のない星空
悲愴をを語る空が 今も心に刺さる
暗闇を駆ける炎 記憶が甦る
母を殺した彼女が "エレンフリートの魔女"

コメント

名前:
コメント: