碧のアステリズム

あおのあすてりずむ【登録タグ: ばんし 初音ミク

作詞:せいえい
作曲:ばんし
編曲:ばんし
唄:初音ミク


歌詞

ピアプロより転載)


静かな夜を照らす星明かりの中で
空に手を伸ばす

ひとつの星に手が届きそうな気がして
思わず駆け出す


丘の上から見える街の灯りはまぶしい
けどね 負けないくらいに夜空の星も輝くの


無限に広がる空は果てしなく遠いけど
願いを決めたらそこに描け ひとつ 星の絵画
輪郭をなぞる右手 指先に集う星
その中でキラリ光る 夢がひとつ


小さな願い事を胸に秘めた夜を
身近に感じた


同じ空の星達 隣り合わせに見えても
実は過去から未来へ繋がるアステリズムなの

無数に散らばる星は限りなく遠いけど
名前をつけたら空に放て ひとつ 淡い願い
彗星を辿る先に見たこともない世界
私も箒に乗って空を飛ぶの


そこから見える碧い星の輝きに見惚れていた
他の星達と同じように輝いてた


碧い星(ここ)から誰もが同じ空を指差しながら
願いを込めつつ点と線で繋ぐ 星の絵画
全ての願いを乗せて流れる星の彼方
その中で光る 碧のアステリズム




コメント

名前:
コメント: