paradigm~虚実見聞~

paradigm~きょじつけんぶん~【登録タグ: P 鏡音リン 鏡音レン 黒須朔夜

作詞:黒須朔夜
作曲:黒須朔夜
編曲:黒須朔夜
Mix:あにょ
唄:鏡音レン・鏡音リン
調教:ゆれ

曲紹介

  • シリーズP@R@NOIA episode‐ paradigm
paradigm~虚実見聞~
戦時中に生を受けた彼は様々な悲劇を傍観していた。玉砕を唱える家族が死に逝く様を。自分の人生が死に逝く様を。そして…
妄想と悲観と諦観と無力の中で見聞したものは。

その他のシリーズP@R@NOIA


歌詞

ピアプロより転載)

花摘む輪乱して2匹の鬼が来た
2人で肩寄せると1人がどこか消えていった

呪いがこだましてニンゲン(弟)を壊した
暴徒に削られても姉さんの声が
「一緒に行こう」

炎(焼ける)おちる(殺す)焔はキライ
空も(人も)町も灰になるよ
後ろの正面姉さんだけだ
大事ダイジそれは分かる(ひとり)

天井が流れて何人かの鬼がきた
ロボットのすいか割り1人鬼が「ごめんなさい」

全て(ヒトを)すべて(造る)の何かがない
りんご(食べて)食べるじしんがないよ
ナイフ映るあなたは姉
顔を動かして何してるの?(なぜ答えない?)

元気にしなきゃってたくさんきた桃
姉さんに笑って話した青に
どこかでなくなって見つけた花は
真っ赤真っ赤落ちる牡丹

走る(逃げる)走る(逃げる)どこへはしる
姉さん(急かす)走る僕も走る
闇と光鬼をまたぎ
鬼ヶ島を抜け出していく

宝物はないよないよ
姉さんと僕ふたりきり
鬼退治の紙芝居
おわりじゃないきっとこれから

「しあわせになる」
意味がわかるまで

コメント

名前:
コメント: