燐光

りんこう【登録タグ: しえるんP 鏡音リン

作詞:カステラ
作曲:しえるんP
編曲:しえるんP
唄:鏡音リン

歌詞

銀色 欠けた月の刃が鋭く
霞んだ夜を裂けば 幻想(ゆめ)と現実(いま)との揺らぐ音

一際に瞬く 強い刹那(ひかり)は
旻(そら)を時を超えて この目をただ満たすため

泡沫に消え去り鐘の音(カンパネラ)
真似をした指先に
渡された王座と世界(にわ)
全て、君の物だ― と。

舞うことを覚えた両足は
天命(あなた)の望むままに
緩やかに深く伸びた
坂を堕ちていく

この手の中で灼ける星が
空さえ落とせる そう囁いた様で
太陽の真ん中 身を投げた
まるで他愛もないと
さぁ 手始めに
地を這う影を踏み消そうか

過つほどに色鮮やかに
星焦がす紅
爆ぜた光は 高く尾を引く
その喉の限り

幾重もの声を
殺めて煌めく箱庭(せかい)

この手の中で灼ける星が
空さえ落ちると 最後に嘲笑(わら)って居た
深くと沈む昏黒さえ
火映に舞う一片

夢現(むげん)に満ちる底の
刹那(ひかり)も掻き消し 揺らめくは燐光
もう彩無き灰の世界(にわ)を捨て
手付かずの夜を影欠(えが)く
「終わりないさ
 久遠に続く この戯れ」

コメント

  • この曲CDになっているのですか? -- 名無し (2011-08-28 18:14:31)
  • リンの曲って燐が関係するのが多いな -- 名無しさん (2012-03-09 02:16:11)
  • リン単体の歌で一番かっこいい! -- 名無しさん (2012-03-15 02:46:32)
  • ナゾだらけ -- アイカ (2013-06-02 17:33:41)
名前:
コメント: