凍傷

とうしょう【登録タグ: ヤオギ 巡音ルカ

作詞:ヤオギ
作曲:ヤオギ
編曲:ヤオギ
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • ヤオギ氏 の11作目。
  • 夏なのに凍傷だってさ。(作者コメ転載)
  • イラストは こもえ♂ななな氏 の描き下ろし。

歌詞

ざらついた言葉だけが宙を泳ぐ 枯れた現実
ぎこちなく踊るような世界にわたしは連れ出される

濃くなった淀みの中 飽き飽きな表情の君
できるならその手を取って 今すぐに抜け出したかったのに
遠い午後を待ってるだけ

ここにある心はいつも冷たくひび割れて 何もつかめないの
微かに残る体温はまだ君を巡らせていた

照らす陽光 暗くなる影 思い出せない笑顔
奪われた日々 引き換えの痛み 行き場のない憧れ
願えばほらすり抜けて

ここにある心はいつも冷たくひび割れて 何もつかめないの
微かに残る体温はまだ君を離さぬように

消えてゆく空想の縁で最後に聞いた柔らかな声を
なくさないように繰り返す 感覚の凍りついた朝

コメント

  • かっこいい曲 -- 名無しさん (2011-09-21 22:27:31)
名前:
コメント: