imaginary driv

【登録タグ: I 享年16 猫村いろは

作詞:享年16
作曲:享年16
編曲:享年16
唄:猫村いろは

歌詞

ピアプロより転載)

フワフワと浮かぶ蝶の心地で
二つに離れぬ苦悩は斜めに滑り出す

ドライな秘所を濡らしたいが
然れどそれは他人に与えられる易いモノじゃなく

アンニュイな形を崩さないで
胸の奥の少し下の方で燻り続く

右へ倣い続ける整列されたモノなら
割れた鼓膜の中に売れるほど飾ってあるよ

キミはソレを嫌って、見えなくなった

まるで不誠実な軽いその言葉が
コンクリで固めた心に突き刺さるから

アイム ア ドリフティン ライダー
呑み込むは架空と虚構の波

アイム ア ドリフティン ライダー
溶け込むは誇張と虚飾の海

アイム ア ドリフティン ライダー
視界が翳れてく 廻り過ぎたテープのように

其処から見えるのは水平線に朽ちた想像
ワタシは圧縮の果てに消える 焦げ臭い匂いを残して

コメント

名前:
コメント: