Cinnamon's Cafe

【登録タグ: C No.D 初音ミク
作詞:No.D
作曲:No.D
編曲:No.D
唄:初音ミク

曲紹介

  • No.D氏 の22作目。
  • 今までよりちょっとしっとり目の曲です。なかなか大人にはなれないよね。(作者コメ転載)
  • イラストは 湊兎氏 の描き下ろし。
  • ミク生誕4周年に合わせてリリースされた、数ある楽曲のひとつ。

歌詞

夏の終わり 学校帰り
みんなで来た喫茶店
落ち着いていて大人っぽくて
優しいマスターがいて

初めて飲んだミルクティ
シナモン風味に慣れていないせいで
本当は苦手だったのに
「大人で素敵な味だね」
なんて笑って見せた

一緒にここに通った友達は
みんな大人びてかっこよくて
私は一人まだまだ幼くて
笑われるのがちょっと恥ずかしい

いつだったかな 
これまでした恋の話になって
私のこと聞かれたけど
ちゃんと話せなかった

一人で店に行ったとき
君たち二人の関係を見かけて
どうしていいか分からなくて
頼んだドリンク出てくる前だったのに・・・・・・逃げた

いつだってそうだ
みんな知ってるのに
私は鈍くて気づかなくて
一番人気のシナモンミルクティが
飲めない理由だってきっとそのせい

このお店も今日でお別れ

月日が過ぎて 好きな人も出来て
私も少し大人になった
ずっと苦手だったシナモンミルクティの
おいしさだって今は分かるよ

あの日過ごした私たちの場所に
帰れなくなるのはちょっと淋しい
最近はメールもあんまりしてないけど
いつかみんなで会えますように

コメント

  • あの日あの時の青春系神曲。No.Dさん、こんな素晴らしい曲を本当にありがとうございます。 -- ∩・∀・)ジーク (2011-10-03 13:01:26)
名前:
コメント: