紫陽花の庭

あじさいのにわ【登録タグ: はっさく 鏡音リン
作詞:はっさく
作曲:はっさく
唄:鏡音リン

曲紹介

この曲にはエレキギターもベースもドラムさえも登場しません。
そんな曲を作ったのは生まれて初めてです。

ノリやエフェクトで誤魔化す裏技が使えない分、いい緊張感の中で作曲することが出来ました。

この綺麗なイラストはピアプロより由杞様よりお借りしてます。
ありがとうございます。

歌詞

(ピアプロより転載)

雨に濡れた虹の窓辺と紫陽花の庭
その優しい静けさのまま
やがて時間が止まるまで‥

天気予報どおりの梅雨の雨
曇り空を見上げて
降り続く雨音はレクイエム
耳を傾けていた

水を撒いた花畑に佇むあなたが
不意に呟いたあの言葉はもう聞こえない

思い通りにならない嘘を洗い流して
その優しい声を思い返す
やがて時間が止まるまで‥

紫陽花の花が並んだ庭を眺めてる
綺麗な雨音を奏でながら揺れている

長い雨、太陽の揺り籠の中へ
私の嘘も憂鬱も全て連れ去ってしまえばいいのに

雨に濡れた虹の窓辺と紫陽花の庭
その優しい静けさのまま
やがて時間は止まる

何処にいても何をしてても二度と会えないけれど
私は此処で待ち続けます
やがて時間が止まるまで‥

コメント

  • なんでこれ消されたの? -- N (2013-08-06 14:55:26)
名前:
コメント: