音の無い花火

おとのないはなび【登録タグ: 円春 初音ミク
作詞:円春
作曲:円春
唄:初音ミク

曲紹介

初めまして 円春と申します 初投稿です
いろいろ足らない点 ご指摘頂ければ嬉しいです

歌詞

(動画より転載)

偶然を装って 君を待つ駅の前
驚く顔が見たかったと 正直に打ち明ける
今日はお祭りだから 一緒に出かけようと
前から準備していたのに これしか言えない

綿菓子を咥える君に 見とれている
そんな僕に気づいた君は 照れくさそうに
そっと 微笑んで

祭りの喧騒も掻き消えて 緊張が高まって行く
俯いた君の背を ゆっくりと抱きしめる

音の無い花火に包まれて
僕等は小さくキスをする
これから大変なのに
どうしてこんなに嬉しいんだろう


川縁に二人腰かけ 花火を待つ
何を言わず 僕は小さな 指輪を君に
そっと 手渡して

祭りの喧騒も掻き消えて 緊張が高まって行く
俯いた君の背を ゆっくりと抱きしめる

音の無い花火に包まれて
僕等は小さくキスをする
これから大変なのに
どうしてこんなに嬉しいんだろう


あれこれと考えたのに 何も言えず
そんな僕に気づいた君は 照れくさそうに
小さく頷いて

周りの人声も掻き消えて
緊張が高まって行く
もたれかかる君の肩を
ゆっくりと抱きしめる

音の無い花火に包まれて
僕等は小さくキスをする
「よろしくお願いします」と
君は小さく 頷く

音の無い花火に包まれて
僕等は小さくキスをする
これから大変なのに
どうしてこんなに嬉しいんだろう

これから大変なのに
どうしてこんなに嬉しいんだろう


コメント

名前:
コメント: