新しい朝日

あたらしいあさひ【登録タグ: アークライト 初音ミク
作詞:アークライト
作曲:アークライト
唄:初音ミク

曲紹介

現実=砂漠 夢=喪失 朝日=希望

歌詞

(動画より転載)

永い眠りから目覚めて 現実に気づいた
絶望の朝を迎え 今日が始まる

砂漠の街を歩いては 水を求め続け
希望は荒び錆びて 砂に変わった

誰かが幸せになるとき 誰かが泣いている
孤独だけが教えてくれる 「夢から覚めただけ…」

そしていつかはこの街を抜けて 誰かのために生きるんだ
また新しい朝日を浴びて 0から始めればいい

今は帰る場所なんてもう無い 行くあての道も無いけど
遠い空にヒカリはある この場所から歩いているから…



闇雲に駆け抜けてゆき 喉が渇き続け
辿り着く湖は 蜃気楼の風…

何かを追い続けるほどに 何かを失って
叶えるモノが今あるモノか 秤にかけたとき

気づき 迷い悩み続けてた どうすれば良かっただろう?
「あと少し…もう少し…」だと 言い聞かせてもカベは続く

道の途中の花でさえ 砂嵐に飲まれてく
求めてたのは何だった? 心に決めたことが消えてく…



だけど いつもあきらめられなくて そうでしか生きられなくて
ホントはね…寂しいんだよ あの日々に帰れたたいいのに

砂時計は戻るけれど やり直せないんだよね
また新しい朝日を浴びて 今 過去に手を振るよ

そしていつかはこの街を抜けて 誰かのために生きるんだ
空を越え 海を渡って ずっと歩き続けてこう

やがて 辿り着いた場所の水が 砂漠の街満たすだろう
また沈む夕陽を眺め 新しい朝日だけと
待ってる…


コメント

名前:
コメント: