赤ノ橋梁

あかのきょうりょう【登録タグ: mayuko 鏡音リン 鏡音レン

作詞:mayuko
作曲:mayuko
編曲:mayuko
唄:鏡音リン・レン

曲紹介

おいでや
おいで

歌詞

夕暮れ 暁闇 灯火 狐火
並びて参るは物の怪の婚礼
朝焼け 宵闇 門火 枕火
並びて参る物の怪の葬列

燃ゆるは赤 揺蕩う赤
斎時に架かりし唐紅の
向かうは赤 沁付く赤
忌時に架かりし唐紅の

遊びに興ずる幼き手手に
絡む細糸が織り成す形
重ねた指きり針の数まで
綾取る間に真に鬼さんこちら

遊びに興ずる幼き手手に 絡む細糸が織り成す形 重ねた指きり針の数まで 綾取る間に真に鬼さんこちら
並んだ雪洞行く手を照らす 獣の小道に灯りを燈し 暗海な現の夢 辿る儚き蜘蛛の糸
目指す彼方に広がる水面と
朽ちて美しき赤き橋梁

おいでやおいで 綾取りしましょう
かくれんぼならお一人で
おいでやおいで 綾取りしましょう
糸に指が千切れるまで

絡んで解けた赤い糸の先
並びて参るは物の怪の婚礼
順繰り翳した蝋燭の先
並びて参る物の怪の葬列

燃ゆるは赤 揺蕩う赤
斎時に架かりし唐紅の
向かうは赤 沁付く赤
忌時に架かりし唐紅の

水面に架かりし赤き橋梁
渡るその先に御口が開く
歩く道々に鬼火が燈り
霞む紅の岸辺を閉ざす

歩く道々に鬼火が燈り 霞む紅の岸辺を閉ざす 水面に架かりし赤き橋梁 渡るその先に御口が開く
現映す正気の沙汰も 波に崩れては消え行く 結んだ綾糸重ね重ねて 辿る形に燈りしは気吹
呼ぶ声に縛る言霊籠めて
渡りて手招く物の怪の声

おいでおいで 甘い水の音
赤い赤い黎明
追い縋る橋梁に怯える姿を見せておくれ
橋の向こうへ続く行列は死出か祝いか

おいでやおいで 綾取りしましょう
水面に糸の声を聞き
あそべやあそべ
灯りに伸びる影の御口が笑うまで

浮かんだ灯りが夢路を照らし
臨むは等しき水の辺と
挿頭す御髪に珠添えて
朱の道標に

おいでおいで 手招く声に
夜毎に迷いし獣の小道
赤い橋の袂にて
誘いし物の怪の泣き声は

並んだ 並んだ 灯りの先に

コメント

  • さすがmayukoさんとしか言いようがない -- 赤カナミン (2011-09-04 17:13:26)
  • こういう曲こそmayuko様の真骨頂!大好きだ!! -- 名無しさん (2011-09-04 17:28:41)
  • おおこれだこれ!すごいわ~~・・・ -- ロンリィガイ (2011-09-05 00:07:56)
  • やっぱりmayukoさんだわ…クォリティが半端ねぇ!好きです!! -- 名無しさん (2011-10-10 17:33:55)
  • 斎時ってなんて読むの? -- 名無しさん (2011-10-28 17:19:02)
  • いつきどき(斎時) だよ -- 以下略 (2011-12-02 00:16:25)
  • 本家DLページで確認してみたけど、両方『いみどき』で良いみたい。 -- あやは (2012-02-19 02:24:57)
名前:
コメント: