火の女神

ひのめがみ【登録タグ: SHiruO 鏡音リン

作詞:SHiruO
作曲:SHiruO
編曲:SHiruO
唄:鏡音リン

曲紹介

巡る輪廻 はじまりと終わりの 物語
  • イラストは ぱつ氏 の描き下ろし。台詞は モカモカ氏。動画は YOME氏 が手掛ける。

歌詞

大地を踏み鳴らせ 祝福の火
躍動する時 風

赤い鳥居を挟んだ 鏡写しの僕らは
手を伸ばせば 狭い位
近くに居たはずなのに

大地を踏み鳴らせ 祝福の火
躍動する時 風
声耳澄ましてた
歴史の向こう側を見てた

赤い鳥居を挟んだ 平行線の運命
目の前で踊る 君が
遠くに感じていたんだ

唄え 生命の唄を
声をあげて 歓びの讃歌を
宿命が分かつ僕ら

踊れ火の粉 闇に奇跡を描いて
響鳴する 明日を切り裂いてく
誇れ生命 喝采の胎動浴びて
金色に光る君は まるで
火の女神だった

大地よ星よ神々よ あなたの
選択の意味を 教えてよ 僕は
笑うべきなのかな

ここが始まり? ここが終わり?
触れられぬ輪廻 魂の片割れを探して
出会えない二人
始まりと終わりの舞台 時と場所の舞台を
巡る

震える手で 不器用に祈る
僕は光の中 君に憧れてた
踊れ火の粉 闇に奇跡を描いて
響鳴する 明日を切り裂いてく
誇れ生命 喝采の胎動浴びて
金色に光る君は まるで
火の女神だった

大地を踏み鳴らせ 祝福の火
躍動する時 風

コメント

  • いいね、これ!! -- 名無しさん (2011-12-28 11:54:12)
名前:
コメント: