トートロジー

とーとろじー【登録タグ: パトリチェフ 鏡音リン

作詞:パトリチェフ
作曲:パトリチェフ
編曲:パトリチェフ
唄:鏡音リン

曲紹介

  • ボカロ処女作

歌詞


最近少し イラついてるみたい
街を行き交う 人の頭の上
体力ゲージが ぼんやり見えてきた
無双乱舞して 蹴散らしたくなる
時計の針が少し 動く度に 僕の未来は
光のない 変わりのない 
日常に すり替わってしまう

誰もわからない 僕の未来を
変えることが できたとしても
「僕は僕」なんて 意味のない言葉
繰り返すだけで 動けないまま

道路標識が 人の顔に見えた
僕は繰り返し 話しかけていた
教えて この世界で
僕が次に することは何?
無限にある 選択肢に
僕はただ 立ち尽くすことで 逃げた

誰も分からない 僕の未来は
誰かの 手の中にあるなら
いつか夢に見た 僕の理想は
曖昧な未来の中

僕という 君という 存在は
確かに ただひとつだけしかない
であると同時に
その他大勢の中のひとつ
形而上の僕と 形而下の僕を
繋ぐのはただの言葉でしかない
僕はいつでも 可能性という迷路の中

誰も分からない 僕の未来は
この手から すり抜けてしまう
「僕は僕」なんて 意味のない言葉
繰り返すことしか できないから

果てしなく続く 僕の時間は
いつの間にか 動かないまま
仮想世界の真ん中で僕は
ただ夢を見てるだけ


コメント

名前:
コメント: