キズナノ唄

きずなのうた【登録タグ: 初音ミク 白ひげP

作詞:白ひげP
作曲:白ひげP
編曲:白ひげP
唄:初音ミク

曲紹介

築いてきた絆はその時間とは関係なく一瞬にして崩壊する

歌詞

PIAPROより転載、一部動画に合わせて編集)

雨上がりの空にまだ
大粒の雫こぼした
素直になれなくて流した
どうしようもなく

ずっと繋がっていた鎖の千切れる音
やがて めぐりめぐる人との出会いに枯れた

乾ききったこの世界にキズナノ唄が踊り狂う
裏切りの言葉がこだました


鈍色の重い空気 粉雪が頬撫でていく
携帯電話の画面に落ちた泪雪(なみだゆき)

ずっと握りしめてた目に映る事のない絆
それはやがて消え去って無垢へと変わる

乾ききったこの世界にキズナノ唄が踊り狂う
偽りの言葉がこだました

透き通った瞳を持った少年が僕の事 見つめ
キズナノ唄を交わし彼も…

この世界には偽善のキズナノ唄が踊り狂う
裏切りの言葉がこだました

コメント

名前:
コメント: