テクノスター

てくのすたー【登録タグ: L*aura 初音ミク

作詞:L*aura
作曲:L*aura
編曲:L*aura
唄:初音ミク

曲紹介

  • キラキラテクノポップに切ない歌詞を乗せてお届けします☆(作者コメ転載)
  • タイトルになっている「テクノスター」とは、閉園されたとある遊園地にあった観覧車の名前。
  • NHKラジオ第1にて放送中の「エレうた!」で ON AIR された曲のひとつ。

歌詞

見上げれば空高くで 輝きながら回ってる
あの観覧車に乗れば 星に届くと思った
気が付けば時は過ぎて あの時は見えてたはずの
ものたちがいつの間にか 見えなくなってた

今はもうあの頃より 身長もずっと伸びたけれど
あの日乗った観覧車には
きっと ずっと 届かないんだ

歩いてきた途中に置いてきたものは
今も残っているのかな
記憶の中で回り続けるよテクノスター
戻れない時の中で 今も探してる

あれから君と出会って いくつも増えた思い出が
塗り変えていく記憶に 流されそうになって
それなのに心の中 叫ぶ小さな幻が
消さないでと願うから また思い出せた

もう一度あの頃に 戻りたいなんて思わないけど
いつかまたそんな思い出を
きっと 君と 作りたいんだ

これから歩く道に迷っても
足元はしっかり照らされてる
記憶の中で今も輝くよテクノスター
地上の星を見守る 満月のように

本当はあの頃に 1日でいいから戻ってみたい
二度と見られないあの景色を
きっと ずっと 忘れないため

振り向いた景色はいつか崩れて
新しい世界の大地になる
今はもう輝けない悲しみのテクノスター
忘れないよ あの優しい 緑の光を

コメント

  • 2年前、ラジオでたまたま聞いて調べてみました。その時からずっとこの歌が大好きです!! -- かれん (2013-07-14 14:20:33)
名前:
コメント: