fimbulvetrの切望

fimbulvetrのせつぼう【登録タグ: F ただのななし 初音ミク

作詞:ただのななし
作曲:ただのななし
編曲:ただのななし
唄:初音ミクAppend

曲紹介

  • ただのななし氏 の3作目。
  • タイトルの fimbulvetr(フィンブルヴェトル) とは、北欧神話に出てくる世界の終わりに訪れる長い冬、「大いなる冬」のこと。

歌詞

凍えそうな世界はいつか
覚えていた体温まで消して 横たわる

嫌になったんだ 昨日のこと
素晴らしくて平穏な未来(future)
思考回路 難解に交錯
お手上げで停止 簡単な解答

この悲しみがわかるというのか
瞳に溜まるもの 枯れた

誰の温もりも感じない指先が
捉えたもの 鼓動を聞いた
このまま止めてしまえるならどうか
ひと思いに負わせて 安息を

誰もがきっと酔いしれた
今じゃ期待外れ 幸福論
ほら楽園(valholl)は遥か彼方
雲の上 ずっと手招いている

この苦しみがわかるというのか
嘆いて捨てきれず執着

切り裂かれた傷口から流れた
僕はそれを涙と呼んで
痛みの数だけ薄れてくはずの
感情なら赤く染まった

終末望む思想 息衝いた
終末望む思想 羨んでいる

コメント

  • 新曲!!今回もいいなぁ。 -- 名無しさん (2011-10-16 01:30:40)
  • ただのななしさん大好き センス良すぎ -- 名無しさん (2011-10-21 18:29:22)
  • メロディーがすごく綺麗で凝ってるのは勿論、詩も深くて素敵です…! -- 名無しさん (2011-11-17 05:48:53)
  • 巣に帰らないでくださいよー ただのななしさんの曲もっと聞きたいです -- 名無しさん (2011-11-18 17:56:43)
名前:
コメント: