Ashtray

【登録タグ: A BIG-AL さはら 巡音ルカ 頑なP
作詞:さはら
作曲:頑なP
編曲:頑なP
唄:巡音ルカ、BIG-AL(男性視点ver.)

曲紹介

  • 頑なPによる英語ルカ曲。
  • 少しだけエレクトロ要素の入ったR&B。今回もラップが入っている。
  • 2012年8月31日にはBIG-ALを使った男性視点ver.が投稿された。

歌詞

PIAPROより転載したものに繰り返し部分を付けたし)

Smoking my thoughts all away
You couldn't make me stay
Still using the mug you gave me on my last birthday
As an ashtray
Sitting here on my bed on my own
I won't pick up the phone
Leave a message at the tone
Without you I'm gonna move on

Eh you were playing those evil games on me
Well I knew you were tryin' to take all that's mine
With your tongue lyin'

I loved you, loved you, but it's the past
Relationship unsteadfast
Though you didn't treat me right
It's so hard to get you out of my head

My memories are stuck on that cold
December, December, oh yeah...
Think I have had enough
I can't help it, can't help but I still
Remember, remember...
The days we were in love

You should have taken it slower
Not to let it be over
I sing to make you know that
I ain't your lover

Smoking my thoughts all away
You couldn't make me say I'd stay
Tears on my eyelashes, tears to ashes
Ashes to the ashtray
Your cliched lines to keep me near
It ain't worth my tear
But what is it that makes me cry
I can't deny my eyes don't lie

"Eh you keep saying I am all that you need
I really love you too, but won't you be true?"
I said to you

And you sighed, you sighed, I thought you spoke
But you only breathed out smoke
Impure white against the night
Then I closed my eyes just to say good bye

Don't know the reason why but I hold
This ember, this ember, no way...
Think I have had enough
Do you feel the same way, do you still
Remember, remember...
The days we were in love?

My memories are stuck on that cold
December, December...
I can't help it, can't help but I still
Remember, remember, oh yeah...
The days we were in love

You should have taken it slower
Not to let it be over
I sing to make you know that
I ain't your lover

Smoking my thoughts all away
Burn the days I used to play and sway in your arms
These memories do me lots harm, me not alarmed
Ain't missin you, ain't dissin you
I be dismissin you away
Cuz it hurts me so to watch you decay
Like a dying ember in my ashtray
Lighting another cigarette
How I'm wishin I could forget
Knowin that I can't complain
But why am I feelin this pain
Feel this way, feel this loneliness
Cigarettes always get me voiceless
And eh... like Gaga I got nothin else to say
Cuz I'm going astray

Don't know the reason why but I hold
This ember, this ember, no way...
Think I have had enough
Do you feel the same way, do you still
Remember, remember...
The days we were in love?

My memories are stuck on that cold
December, December...
I can't help it, can't help but I still
Remember, remember, oh yeah...
The days we were in love

You should have taken it slower
Not to let it be over
I sing to make you know that
I ain't your lover

+和訳
PIAPROより転載)

思考を煙草で吹き流す
私は留まることを選ばなかった
誕生日にプレゼントしてくれたマグカップなら今も使ってるわ
灰皿として
ひとりベッドに座って
電話ならとらないから
合図の後にメッセージでも残してね
私は前に進むの、あなたなしで

ねえ あなたはいつだって遊んでるつもりだったのね
わたしのすべてを奪おうとしてた
嘘を吐いて

好きだった 愛してた それももう過去のこと
関係なんて脆いもの
だけど 私のことを大切にしてくれなかった男なのに
忘れることはまだ難しい

記憶はまだ凍りついている
あの12月の日々で……
それでもまだ
憶えてる……
ふたりが恋人同士だったころを

あなたは急ぐべきじゃなかった
終わらせたくなかったのなら
この歌があなたに告げる
私はあなたの彼女じゃない

思考を煙草で吹き流す
あなたは私に留まることを選ばせられなかった
睫毛に涙 涙は灰に
灰は灰皿に
あなたは陳腐なセリフで私をそばに置いておこうとした
涙の価値もない手段ね
だけどどうして泣いてしまうんだろう
解ってる 目は嘘を吐けないこと

「ねえ、あなたは私なしじゃ駄目だって言う
私もあなたが好きよ、だけどもう少し誠実になってもいいんじゃない?」
こう私が言った

そしてあなたは息を吐いた、溜め息を 何か口にしたと思ったけど
ただ煙を吐きだしただけ
濁った白が夜に映えて
だから私は目を閉じた 別れを告げるため

訳なんてなく、ただ握りしめている
この残り火を どうして
もうたくさんなのに
あなたも私と同じように
憶えてる……?
ふたりが恋人同士だったころを

記憶はまだ凍りついている
あの12月の日々で……
それでもまだ
憶えてる……
ふたりが恋人同士だったころを

あなたは急ぐべきじゃなかった
終わらせたくなかったのなら
この歌があなたに告げる
私はあなたの彼女じゃない

思考を煙草で吹き流す
その腕の中で揺られていた日々を燃やすように
そんな思い出は健全じゃない そんなことに私は驚かない
恋しいとも思ってないし、けど貶してる訳でもない
ただあなたを遠くへと追いやってるだけ
この灰皿の中の今にも消えそうな燃えさしみたいに
あなたが堕落する姿を見るなんて嫌だから
新しい煙草に火をつける
忘れられたらといつも願っている
文句なんて言える立場にないけど
どうしてこんなに苦しまなきゃいけないの
こんなに、どうしてこんなに孤独を感じなきゃいけないの
煙草は私を寡黙にしてくれる
Eh、ガガみたい 私にはこれしか言えない
今は迷いの最中にいるから



男性視点版

PIAPROより転載したものに繰り返し部分を付けたし)

Smoking my thoughts all away
I couldn't make you stay
How do I forget your face
Cuz girl you can't be replaced
Why did it come to an end
You'll come back never again
I was always believing
Never thought you would be leaving

Always the same, I am the one to blame
Love has got side effects
It can't be perfect
Though it is real

A classic hackneyed he said she said
Could have started but instead
I let my cigarette burn
Silence wasn't what you wanted, I learned

My memories are stuck on that cold
December, December, oh yeah
I ain't giving you up
I can't help it, can't help but I still
Remember, remember...
The days we were in love

We should have taken it slower
Not to let it be over
My feeling's going lower
I need back my lover

Drinking the night all away
You didn't choose to stay
I used to say you're difficult
But it was my fault
And I knew you didn't like the scent
Of cigarettes but you were patient
The mug and the cigarettes I left in your room
I'm sure you threw em away

I just tried to love you the way I do
You claimed you felt cheated
You were mistreated
I'm so sorry

Coulda said, shoulda said, something to you
Still I had to keep myself cool
When I somehow looked at you
Your two eyes were closed so I closed mine too

Don't need the reason why and I hold
This ember, this ember, baby
I ain't giving you up
Do you feel the same way, do you still
Remember, remember...
The days we were in love?

My memories are stuck on that cold
December, December...
I can't help it, can't help but I still
Remember, remember, oh yeah...
The days we were in love

We should have taken it slower
Not to let it be over
My feeling's going lower
I need back my lover

Smoking my thoughts all away
Back in the days we used to play and sway
On our bed, tickling and laughing
My memories so graphic
No other girls can't replace you
There's always a space for you
In case you come back to me
But I see its finale
Lighting another cigarette
Two silhouettes, yet separated
Baby listen I'm truly missing you
My tears descend and I'm needing your kissing
Broken mirrors glisten
Just grant me one wish and
Like Ray J, I'll be okay
If I could get just one, babe

Don't need the reason why and I hold
This ember, this ember, baby
I ain't giving you up
Do you feel the same way, do you still
Remember, remember...
The days we were in love?

My memories are stuck on that cold
December, December...
I can't help it, can't help but I still
Remember, remember, oh yeah...
The days we were in love

We should have taken it slower
Not to let it be over
My feeling's going lower
I need back my lover

+和訳
PIAPROより転載)

思考を煙草で吹き流す
お前を留めることはできなかった
その顔は忘れられない
どんな女もお前には勝てないんだから
なのに終わってしまうなんて
もう戻ってこないなんて
いつだって信じていたのに
まさかお前が去ってしまうなんて

いつだってそう、責められるのは俺
恋愛の副作用ってやつ
完璧な形なんてない
たとえ本物でもさ

またいつもの口喧嘩が
始まろうとしてたけど、俺は
ただ煙草を燃やした
沈黙が最善でないこともあるんだな

記憶はまだ凍りついているんだ
あの12月の日々で……
お前を諦めるなんて無理だ
どうしようもなく
憶えてしまっている……
ふたりが恋人同士だったころを

俺たちは急ぐべきじゃなかったよな
終わらせたくなかったんだから
気持ちがどんどん落ちこんでいく
まだ彼女のことが必要なんだ

夜をひとりで飲み明かす
お前は留まることを選ばなかった
お前のこと、面倒なやつだって思っていた
思えばそれも俺の所為だったよな
そういえばお前は煙草の匂いが嫌いで
だけどいつも我慢してくれていた
部屋に置いてきたままのマグカップや煙草
もう捨てちまっただろうな

お前をできる限りの方法で愛したんだ
だけど、俺のことを信じられなくなって
裏切られたような気持ちになったって言われて
申しわけなくなった

そのとき何か言えばよかったのにな
俺は落ちつこうと精一杯で
なんとかお前に視線を向けられたと思ったら
その瞼は閉じられていて、だから俺も目を閉じた

理由なんていらない、ただ握りしめている
この残り火を……
お前を諦めるなんて無理だ
俺と同じように、お前も
憶えてるか……?
ふたりが恋人同士だったころを

記憶はまだ凍りついているんだ
あの12月の日々で……
お前を諦めるなんて無理だ
どうしようもなく、まだ
憶えてしまっている……
ふたりが恋人同士だったころを

俺たちは急ぐべきじゃなかったよな
終わらせたくなかったんだから
気持ちがどんどん落ちこんでいく
まだ彼女のことが必要なんだ

思考を煙草で吹き流す
ベッドでふたりじゃれあってたころを思いだす
ふざけあって、笑いあって
記憶はまったく色褪せないまま
お前の代わりなんていないんだ
帰ってきたときのために
いつだって心の準備はしておくからさ
ああ、けどもう終わったんだっけ
もう一本 火をつける
ふたつのシルエット だけど離ればなれ
なあ、お前のこと忘れらんないよ
涙が零れる お前とのキスが恋しくなる
割れた鏡が煌いてる
俺のひとつの希みを叶えてくれ
レイ・ジェイみたいに言うからさ
ひとつだけでいい、それだけでいいんだ、って


コメント

  • エレうたが初見だったがマジかっこぇぇ -- 名無しさん (2013-05-17 13:12:13)
名前:
コメント: