ゆめのたいまつ

【登録タグ: kusegumi 初音ミク

作詞:Kusegumi
作曲:Kusegumi
編曲:Kusegumi
唄:初音ミク

曲紹介

  • 連作「フィールドの風景」の5曲目。
  • 明け方の湖畔で遠い記憶が訪れる。(動画説明文より引用)

歌詞

(動画より書き起こし)
丸い丸い根っこに抱かれて
深い深い水の底まで
小さい小さい寝息震えて
淡い淡い扉の向こうへ
水面に浮かぶ葉が一日かけて
対岸に着くようだ 静かな朝

丸い丸い根っこに抱かれて
深い深い水の底まで
小さい小さい寝息震えて
淡い淡い扉の向こうへ

1 2 3 4
5 6 7 8 9 ・ ・ ・
(10数えたのは私 ・ ・?)

かたっぽ きっと届かないチケット握ってた手
そっと放った紙切れ すぐ風を追いかけ
空っぽ きっと戻らないおどけた季節に
ちょっと気取った手紙をすぐ庭に埋めた
雨雲 もう 錆色
真夏の背中に
刺さった白い貝殻 ぼけっと見つめては
ずっと遠くの灯りに手を伸ばす
汽笛が鳴るまで寝返りあと7回
右手が痺れて たいまつゆら揺らぐの
見てたらひどく悲しく 懐かしい
気持ちになるから 手を振り手を振りね

朝日が来るまで答えはまだいらない
君の面影と畔でちょっと座ろう
そしたらまた話そうよ 飾らない
言葉と言葉を 重ねて重ねて
汽笛が鳴るまで寝返りあと3回
知らない窓辺で誰かが手を差し出す
触れたらひどく悲しく 懐かしい
気持ちになるから おかえりおかえり



コメント

名前:
コメント: