郵便屋ディルと人魚姫からの招待状

ぽすとやでぃるとにんぎょひめからのしょうたいじょう【登録タグ: 神威がくぽ 鍵P

作詞:鍵P
作曲:鍵P
編曲:鍵P
唄:神威がくぽ

曲紹介

  • 前作、「東の魔女と丘に上がった人魚姫」の続編。
  • 再び声を手に入れた人魚姫は王子の元へ。

歌詞

ピアプロより転載)

黒の手紙が届いた
運んで来たのは郵便屋(ポストや)で
「開けてみなよ、お嬢さん」
少女は黒い封を切った

紡がれていたのは
甘い甘い言葉で
気がつけば誘われていたんだ

「貴方の素敵な歌を聴かせてちょうだい」
最後を飾る言葉に奈落へ

奈落の底で待っていたお姫様は
歌う声を持っていなかったの
「どんな声で歌うのかな?」
少女は歌にしてみせた

まるでベルの音が鳴るような歌声を
お姫様は欲しいと思った
「貴方の歌声ちょうだい」
人魚姫は奪ったの

再び陸へ上がる
まだ王子様を忘れることが出来ず
まだあの魔女のことが好きですか?

再び声を手にし
今度は想いを伝えることが出来る
今度は頷いてくれるでしょうか?

だけど王子様は
まだ忘れていなかった
今も魔女を想い続けてる

振り向いてくれない
歌声を手に入れても
魔女には敵うことができないよ

叶わない恋ならいっそ壊そうか
王子に刃を突き立てたなら
次は自分に突き立てる
これでもうハッピーエンド

そんなエンディングになるワケがなくて
時計屋ウサギが元に戻す
郵便屋ディルは姫君の
手紙を破いて捨てた

コメント

名前:
コメント: