鍵少年と妄想地図

ぎるともうそうちず【登録タグ: 鍵P 鏡音レン

作詞:鍵P
作曲:鍵P
編曲:鍵P
唄:鏡音レン

曲紹介

  • 今までの作風と異なり、割と前向きな曲(歌詞)。

歌詞

ピアプロより転載)

白紙の地図の上に街を描いた
街は息を吹き本物になる
どこかの世界でさ 生きてくれたら
それだけで僕は満足なんだ

知ったかぶりをしたあの鳥のように無知な事
僕は知っているんだから
君の知らない街を
僕の空想たちが 創り上げてゆく世界を
何も知らない所から全ては始まるの

僕の手が創り出した
この妄想の世界も
けっこうなところ
割といいんじゃない?

白い紙一枚で
どこまでも描いてゆける
理想の世界を
色鉛筆で描く

雨が降ったら終わりだとか そんな
色鉛筆は滲んでしまった
だけど 心の中にはきっとそう
まだ濡れないまま残っているよ

晴れがあれば雨があるって事くらい知ってる
その逆も知っているから
今日が雨でも明日(あす)は
晴れるかもしれないよ?
分からないけれど
悪いことばかりが続くわけじゃないって事!

真っ白な風景から
世界が顔を出したら
空想でいいよ
空を思い出した

真っ黒な風景でも
世界は同じものでしょ?
妄想でいいよ
君を思い出した

僕の手が創り出した
この妄想の世界も
けっこうなところ
割といいんじゃない?

白い紙一枚で
どこまでも描いてゆける
理想の世界を
色鉛筆で描く

コメント

名前:
コメント: