-B.C.-

作詞:psycho
作曲:psycho
編曲:psycho
唄:GUMI
コーラス:初音ミク

曲紹介

  • 流れるような勢いのあるアップテンポな曲。間奏部分のギターがかっこいい。
  • GUMIの調声はORYO氏。シンプルながら美しいPVはJの友人氏。

歌詞

配布zip内歌詞より転載)

白く舞い落ちる カケラを見つめて
思いを重ねたら 深く息を吐き

もう忘れていると思ったのに
鈍色の空の向こうに浮かんだ

全てがきれいなままでいられたなら
疑う事すらなかったはずなのに

信じられなくなった途端に
一緒にいる事がただつらくて

もう思い出すことない
さよなら告げたあの日
振り返ることもない
行き先変えた夜を

音のない日常に
何かが聞こえた気がした

何色にも染まらず
続く道を歩いた 一人で
小さく見えてたのに
もう掴める所にはなくて

伸ばした手のひらには
雪だけが残った
時間だけが過ぎ行く
白い世界


思い出すたび ため息ついて
叫んでみても 声にならない

消せない傷に汚れた過去も
全てが雪に消えてしまえばいい


もう振り返ることない
一人で歩くと決めた日
さみしいなんて気持ち
どこかに置いてきたの

音のない日常は
ざわめきを取り戻して 鳴り響く

何色にも染まらず
続く道を歩いた 一人で
小さく見えてたのに
もう掴める所にはなくて

伸ばした手のひらには
雪だけが残った
時間だけが過ぎ行く
白い世界

クリスマスの夜には
いつも思い出すの
傷ついたあの頃と
あなたの声…


コメント

  • 追加乙 -- 名無しさん (2011-11-13 07:53:43)
名前:
コメント: