銀のLibra

ぎんのLibra【登録タグ: 初音ミク 烏賊

作詞:星野史
作曲:烏賊
編曲:烏賊
唄:初音ミク

曲紹介

  • ダークでゴシックな感じの曲が作りたかったので作りました。 人の内面の葛藤を表現できていればいいなぁと思います。(作者コメ転載)
  • side_Mと星野史氏のコラボ作品。

歌詞

ピアプロより転載)
白はアカルミ 黒は空蝉(うつせみ)
天秤(はかり)にかける 私の心臓(ココ)
白はレプリカ 黒は嘘吐(つ)き
大嫌い 首吊りの日を笑う

異端者が晒(さら)されたなら 
そこに流れる不協和音(ディゾナンス)
快楽(けらく)と感じたら 
おまえもこちら側ね

幕開けよ さぁ DIVA(女神)の時代(とき)を
愛も欲も毒も歌おう
未来の名を持つ 
私に全てを捧げなさい

また疑い殺し 
覚めた夜に語る世界は
おかしなギニョル 蠢(うごめ)く街並み
目立たない星に紛れて 
私は煌(きら)めく



激情の赤 冷淡の青
平和を犯す リベレイションなど
失格の赤 マリアムの青
不可能(ブルーローズ)だと笑う

ネズミのままの答えでは 
傾くバランスに嘆く
染められ染まらない 
金星(均整)を求めた

舞い踊れ さぁ DIVA(歌姫)となり
乙女を連れて歌う調和(ハーモニー)
頭(あたま)の図書館(ライブラリ) 
閉じ込めた記憶のしかかる

今心臓(ココ)で闘う 
相容れぬ私と私の 
聖戦は罪の有無を擦(なす)って
落ちる血の嵩(かさ)で揺らいだ 
善悪(ぜんなく)の天秤(はかり)



売女(ばいた)のママ 屍(かばね)のパパ
ひとりのまま 屍櫃(かろうど)へ
私はただ 朦朧体(もうろうたい)
夢の中 ウサギを追うのよ

愛されて あぁ 愛し続けて
ゆっくりと壊れる歴史に
光撥(は)ね返し 
それでもなおと 私は生きる



さぁ 終幕(フィナーレ)の刻(とき) 
銀幕の星になるDIVA(女神)
嫌いなドールに
纏(まと)わせる金属の綺羅衣(きらい)

あぁ 色を重ねて 
異化(いか)した日常のライトを
吸い込んで未来へと昇華(しょうか)する
愛する人が歌った
音楽を胸に

輝いた私は銀のLibra




コメント

  • 動画が凄かった! -- 名無しさん (2011-11-30 20:46:52)
  • カッコよすぎて何も言えぬ… -- たくあん (2012-01-30 02:20:51)
  • 中毒すぐる!久々に鳥肌きた!カラオケ配信されないかな…。 -- (*・ω・*) (2012-06-17 07:53:48)
  • ゴシックな感じがすごい好きです! -- 名無しさん (2013-05-29 17:03:51)
  • めっちゃ好き!!CD化して欲しい!絵すごく綺麗(*^^*) -- ゴシック (2013-12-23 13:02:54)
  • アリプロ似てるw 中毒はんぱねぇえry -- 腐人 (2014-02-01 20:21:08)
名前:
コメント: