魔女の円舞曲

まじょのわるつ【登録タグ: 初音ミク 奴狐 鏡音リン

作詞:奴狐,あやのん
作曲:奴狐
編曲:奴狐,mct[emsete]
唄:初音ミク,鏡音リン

曲紹介

魔女となった少女の物語。
緑髪の少年が見つけた古びた本。
代々魔女に呪われし書物と疎まれ、決して開けてはならないと伝えられてきたその本に描かれていたのは・・・
物語は再び、動き始める   (動画説明文より)

  • 奴狐さんのボカロ曲一作目
  • 物語性の強い楽曲になっている

歌詞

(動画より書き起こし)
斜体の文字は文章のみで音声は無い

一人の少年が見つけた古びた本
そこに記されていたのは
禁断の愛の記録

物語は再び動き始める…

祈りを捧げる貴方の目
その先にあるのが
私であるように
只一人で祈る

罪と分かっていたけど
これが定めならば
いいわ踊りましょう
二人だけの円舞曲

臨んだ幸せと
罪の意識巡り
閉ざされた天の門は
祝福 呪い に変えて

どこまでも堕ちてゆけると
覚悟を決めたあの日に
貴方の見せた笑顔
どこか寂しげだった

汚れなき貴方の心
私が守ると決めた
罪分つその定め
乗り越えるとそう誓って


ついに暴かれるこの契り
紅い糸をちぎり

神の羊たちは
異端を許さない

裁きの時迄は
逆らい続ける
終末の天秤など
この手で壊してみせる

堕ちてく二人
私は魔女
確かめ合った
あなたの温もり

「あなたと逝けるなら幸せよ」 / そして、さようなら
そして夜が明ける

一緒じゃなくてごめんねと
彼女を見つけ呟く

すべての罪を背負い
その身は灰と化していく

移ろい変わる歴史の中
少女が生んだ呪いは
影に沈む人を
光へと導く

―――古い本をふと開いた
刻まれた物語を
誰に伝えればいい
神はなお在り続ける

「愛した人を殺したのは私です
 私こそが魔女なのです。」
「抗えぬ罪の重さ
 それこそが、愛の重さなのです。」

コメント

  • エコノミー症候群で歌詞が見づらかった部分があるので、間違って場所などありましたらご指摘ください。 -- 追加した人 (2011-12-07 00:31:57)
  • ページ作成ありがとうございます!最後のところは・・・誰がなんだろう? -- 一之瀬 (2011-12-07 16:39:50)
  • お気に入りです(^^)/ -- アキ (2011-12-07 17:40:23)
  • ページ追加待ってました!この曲好きv -- 名無しさん (2011-12-07 18:39:50)
  • この曲好きなんですwwwページあってよかったwww -- テナー (2012-02-20 14:19:16)
  • 泣けるなぁ… -- 名無しさん (2012-03-07 09:57:33)
  • ページ作成乙です! 最後ってミクの生まれ変わりとかなのかな・・・? -- 名無しさん (2012-06-18 07:32:47)
  • ページ乙です!!「望んだ幸せと」が「臨んだ」なっとります(・ ω´・ο ) -- 名無しさん (2012-06-27 20:40:18)
  • 好きです。とにかく好きです!良曲だと思います。切ない… -- にあ (2012-12-19 22:12:52)
  • 百合はいいですね(*^^*) -- ゆぅゆ (2013-06-29 09:16:27)
  • 素敵です! こういう曲好きです -- ココア (2014-04-13 20:09:45)
  • この曲すごく好き(百合とか関係無しに) -- 蘇芳 (2014-05-25 15:26:40)
  • 魔女さんは誰なのかしら…? -- 心音 (2014-06-30 20:55:46)
  • ミクオとレンらしき少年は、彼女たちと同じような末路を辿るのかな?  -- KONATA (2017-09-05 17:53:04)
名前:
コメント: