夏のスキマ

なつのすきま【登録タグ: ハナブサキックP 初音ミク

作詞:ハナブサキックP
作曲:ハナブサキックP
編曲:ハナブサキックP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 夏の終わり、不安な気持ち、あなたへ震える様な思いをミクが感情を込めて歌います。
  • 震える様な歌い方のミクの声が必聴のしっとりとしたバラード

歌詞紹介

  • 夏の終り、強かった暑さが消え、ふいに気付いた彼女の気持ちを綴っている。
  • 彼と付き合っていて、これからのこと、彼とのこと。不安や新しく気付いた気持ちについてを綴っている。

歌詞

ピアプロより転載)

照りつく日差しは 午後になり
雲が沸き立ち さえぎられて
窓辺に座り 外を眺め
上の空でかじった アイスが歯にしみた

強い力で導かれたような
少し前のあなた思い出して
こんなにも近くいたんだよね
やさしいあなたにうなづいて

だけど気づいて欲しかったのは
笑うワタシじゃないよ
頑張るワタシ

なんでもないよって ごまかして
無理して笑う あなたとワタシ

なんでもないから にじみ出した
なんでもないから ねじれだして
大丈夫 笑ってればいつかは きっと
笑うほかどんなことが出来るだろう

あの日のはじまりと過ぎる日々に 
道筋をつけてくれたような
こんなにも近くいたんだよね
やさしいあなたにほほえんで

だけど だけど気づいて欲しかったのは
笑うワタシじゃないよ
頑張るワタシ

なんでもないよって ごまかして
無理して笑う あなたとワタシ

外は夕立 雷なって
焦る気持ちを あおられて
頬を伝わる涙 これも雨?
湿る空気が まとわりついた

コメント

  • さきほどタグを漁っていたら偶然見つけました。一瞬で虜になりました。 -- 名無しさん (2008-08-28 02:40:37)
名前:
コメント: