電光☆石火

でんこうせっか【登録タグ: キューP 初音ミク

作詞:キューP
作曲:キューP
編曲:キューP
唄:初音ミク

曲紹介

  • さまざまな思いの中で電光石火してみました☆(作者コメ転載)
  • ギターを vincent氏、ベースを 展-Nobu-氏、コーラスアドバイスを 舞虎氏が手掛ける。

歌詞

世界が巡る時 両手を広げ手をのばす
雲の上の神様 地上に舞い降りる
暗闇にさす光 目指すよずっと、まっすぐに
狭い扉を開けて 会いにいくそこまで

このまま離さないで 今きっと気付くから
泣き出すその思い出は この世界での始まりさ

新しい時を刻みたいから 優しい君を守りたいよ
そのまま吐き出す 電光石火 輝いて
百万光年の流れの中から 記憶をそっと辿りたいよ
その手を差し出す 命がもっと燃え上がる

このままそっと抱きしめて 海の底からあがってくる
いつまでもそばにいるから その手を握り締め

新しい時を刻みたいから 優しい君を守りたいよ
そのまま吐き出す 電光石火 輝いて
百万光年の流れの中から 記憶をそっと辿りたいよ
その手を差し出す 命がもっと燃え上がる

誕生の瞬間 予感に震えて 一つの光りが空に輝く
希望や不安をかかえて走りだす
その目に映った新しい日々の始まりから
二人の星に心からありがとう
世界に降りた天使がこれから一つの星の時を刻み始める

コメント

名前:
コメント: