情熱のカンテ

じょうねつのかんて【登録タグ: ちくP 鏡音レン

作詞:葉の月(ちくP)
作曲:葉の月(ちくP)
編曲:葉の月(ちくP)
唄:鏡音レン

曲紹介

「囁く愛の調べ 身体の奥まで刻みつけて───」

歌詞

PIAPROより転載)

冷たい石畳の上 乾いた風が吹き抜ける
煌めくビロードの闇が 世界を包み込んでく
融け出した静寂の中 踏み鳴らすゴルペのリズム
空へと響き渡るように 力強く叩く

薔薇の香りが呼び覚ますカンテ
踊り続けながら僕はいつまでも探してる

夢から醒めるよりも 微睡みの腕に抱かれたい
囁く愛の調べ 身体の奥まで刻みつけて


憂いに揺らめく瞳が 宵闇の中で微笑む
誓う接吻けを交わしながら しなやかに踊るの

甘い誘いに色褪せる Mi amor
それも愛と呼ぶなら僕はひとり待ち続ける


夜明けの光が照らした 踊り続ける影
終わりのない時間の中 パルマに熱く酔いしれて

華麗に咲いた花と 躍る吐息に重ねながら
裸の心燃やして 伝えたい想いを口にするの Ah-

夢から醒めるよりも微睡みの腕に抱かれたい
囁く愛の調べを 身体の奥まで刻みつけて

コメント

名前:
コメント: