四月

しがつ【登録タグ: Kossy 初音ミク

作詞:Kossy
作曲:Kossy
編曲:Kossy
唄:初音ミク

歌詞

儚い愛の歌を唄い
醒めぬ恋の夢を見ている

春の日の夕暮れ
校舎に映る 君のシルエット
今はもう遠く 離れてる
西の雲が曇るから 僕は走り出す

降り注ぐ 四月の雨は
過去の思い出たちも消してく
空に浮かぶ 雨雲のように
歯痒く辛く ただ見つめる

あなたといたかった
曇る心は 激しく燃えるのに

眩しい陽の光を感じ
眠れる花も目を醒まして

春の日の朝焼け
鏡に映る むくんだ顔
昨日の雨も 出来事も
忘れていくように
いつかまた笑って 話せるように

降り注ぐ 春の日差しは
過去の思い出たちも 消してく
空に浮かぶ 白い雲のように
吸い込まれてく
この空高く

コメント

名前:
コメント: