シュヴァルツシルトの引力の檻

しゅゔぁるつしるとのいんりょくのおり【登録タグ: 猫村いろは 結月ゆかり 親方P

作詞:親方P
作曲:親方P
編曲:親方P
唄:結月ゆかり・猫村いろは

曲紹介

  • 親方P の5作目。
  • 閉塞感 焦燥感 無力感 孤独感 疎外感... そういった感情にとらわれそうになっている人に向けて、この曲を書きました。
  届くといいな、と思います。(作者コメ転載)

歌詞

産声を上げたその場所は
粒子も凍える引力の檻
骨に食い込んだ足枷に
繋ぎ止められた閉ざされた世界

幼子の眠るその場所は
打ち寄せられた枕木の上
大衆の放つ嘲りが
静かな寝息を踏みつぶす

すべて奪い去られた
あたしの居場所はどこにあるの?

あたしのこの声を忘れないでね
無言の嘲笑が身を切るようなの
光も届かぬ特異点の中
震えながら歌い続けるから

シュヴァルツシルトの内側の引力が
囚われ蹂躙されつづけたこの体を握りつぶす
狂信者による濁流に飲み込まれ
あたしの居る場所は無いの?

あたしのこの声を忘れないでね
存在の意味が消えてしまいそうなの

――届いて――

何も見えない時の底で声を上げてるの

あたしのこの声を忘れないでね
嘲りの声に押しつぶされそう
光も届かぬ特異点の中
凍えながら歌い続けるから

シュヴァルツシルトの外側の斥力が
か細く羽ばたいてる無力なあたしを元に押し戻す
狂信者による暴言をはねのけて
あなたの居る場所に声が届きますように

あたしを忘れないで

コメント

  • 好きです -- 名無しさん (2012-02-11 04:45:40)
  • 書きコの少ない曲ほどいいものはない。 -- いたるP (2012-02-15 17:23:41)
名前:
コメント: