蛇口

じゃぐち【登録タグ: 初音ミク 816

作詞:816
作曲:816
編曲:816
唄:初音ミク

曲紹介

  • 楽しげなリズムの良い曲調に合わせ憂鬱げな歌詞を紡ぐ。

歌詞

(動画より書き起こし)
排水溝に流れる水のように
当然今日も私は生きていくんだ
退屈そうに誰かが息をはいて
想像上のウイルス広めている

それは、お利口な頃に描いたいつしか無くした未来
鏡の中の君が私を責める 嫌…
嫌…
排水溝に流れるミジンコ達
どういう風に僕らを眺めている?
それは、できそうなパズルだけど1つもピースはない
孤独の中に生きた少女の言葉 嫌…
嫌…

また日が昇り、朝の憂鬱が
私におりてくる
キラキラ光、まさにシャンデリア
頭上で揺れている
揺れている


それは、お利口な頃に描いたいつしか無くした未来
鏡の中の君が私を責める 嫌…
嫌…

寝惚け眼の、朝の憂鬱が
私におりてくる
時計仕掛けの、昼の空腹が
気紛れに訪れる
訪れる
乱れた心、夜の劣情が
脳内に舞い上がる
溺れた月夜、朝の憂鬱が
蛇口から漏れている
漏れている


コメント

名前:
コメント: