ドルフ

どるふ【登録タグ: 初音ミク

作詞:
作曲:
編曲:
唄:初音ミクAppend

曲紹介

  • 六氏 の2作目。
  • いっぽうてきな うたです。(作者コメ転載)

歌詞

喉が焼け付くほど痛い祈りを
身体の奥深く沈めていた
息をしようにも苦し過ぎて
見つからないようそっと海に溶く

何時の日にか見た満月の空
藻屑(もくず)のように消え去りそうだった
鈍色(にびいろ)の目をした死に損ないの
恐く美しい君に会いたい

偽物の手足 声を裂いて血を滲ませた
その瞳の裏 再度僕を映し込んでよ
この世界は夢 醒めてしまえば終わる泡沫(うたかた)
その口先でさ 撫(な)ぜる様に僕を呼んでよ

人魚のよに一夜で泡になって消え去るの
二度と触れぬ心をそっとそっと焦がした
人魚のよに一夜で恋みたいに忘れるから
もう泳げない私をきっときっと赦(ゆる)してね
まだ沈みはしないさ

何故 今 隣に居ないの?

人魚のよに一夜で君を見て消えるから
真珠の様な心臓をきっときっと受け取って
人魚のよに一夜で泡にならず残る傷を
証にして願うよずっとずっと崩れない

そう、また 何時か・・・

コメント

  • 乙です。素敵な歌詞です -- 名無しさん (2012-03-19 19:03:28)
  • めっちゃすき(*´`*) -- 名無しさん (2012-06-01 10:59:32)
  • 六さん今一番注目してる期待のボカロPです・・! -- 名無しさん (2012-06-15 02:52:26)
  • 大好きなステキな曲です(*´ω`*) -- 名無しさん (2014-12-29 17:40:11)
名前:
コメント: