ブルーホール

ぶるーほーる【登録タグ: GUMI ke-sanβ yudai

作詞:yudai
作曲:yudai
編曲:yudai
唄:GUMI

曲紹介

2人を吸い込んでいったのは本当にブルーホールなのかな?
  • ブルーホールとはかつての洞窟や鍾乳洞が何らかの理由で海中へ水没し、穴が空いたように形成された地形のことです。(作者コメ転載)
  • イラストをあやとき氏が、動画をke-sanβ氏が手がける

歌詞

ピアプロより転載)
冷たい風が頬をうつ浜辺で
僕は考えるのをやめた

「こんな世界なんてなくなっちゃえばいいんだ」って
*(のっぺらぼう)の君が呟いた

うずまく違和感 止まりかけの時間

刻んだ足跡消していく波浪

同じように 僕の全てを
消し去って吸い込んでよ
ねぇブルーホール

浮かんでいく逆さの世界
かすかに熱をおびた手が触れる
何も見えない黒い海で
君は泣いてたの?笑ってたの?

彩られたような眩しいその浜辺に
君と二人で寝そべっていた
「これからもずっと一緒に笑い合えるよ」って
頬を赤らめた君が呟いた

忘れかけてた 君のその笑顔に
あの日のリアルを消されていたんだ

脳裏に浮かぶ 暗い海で
僕の体を食いちぎったあの軟骨魚

…ねぇ ブルーホール

重ねってた幻想の世界 
いつしか見えなくなった現実
これこそ僕が望んだ世界なんだ
ねぇそうだよね?




コメント

  • 好きだぁあ!! -- 名無しさん (2012-03-11 19:16:13)
  • かっこよかった!作者様のページがないね( ´・ω・` ) -- 名無しさん (2012-06-16 01:30:52)
名前:
コメント: