いばらひめ

【登録タグ: GUMI 夏空P

作詞:あきてる
作曲:夏空P
編曲:夏空P
唄:GUMI

曲紹介


歌詞

モノクロの街並みを 優しく彩る七色
駆け出して伸ばした手 すりぬけて儚く消える
届きそうな フリしてまた 夢は嘲笑う
イントロの音もそっと待てずに 物語を見限り
ジエンドをずっと待っているだけ もうそれでいい


流星が煌めいた 願いを言う間も与えず
描いてたアルカディア 破り捨て 時を貪る
楽になれた はずなのにな 蔦が絞め付ける
歯車は廻る ずっと止まらず 壊れそうな今でも
この胸の鼓動 はっきりと鳴る 「まだ終われない。」
ずっと身体を 魂を 縛ってた棘のある蔦
血が出るほど痛いけど 美しい花を咲かす

気高く 誇らしく 逞しく(bloody rose bloody heart bloody rose bloody heart
流れた生き血が濃いほどに 艶の増す愛の花(bloody rose bloody birth bloody rose bloody birth

身体じゅう包む真っ赤な薔薇が
探していた夢まで続いてく道を ゆっくり開く いばらの道を
破れた服には 血の跡が舞う
魅惑の花へと なるための証が
傷つき躓き 真紅の未来を咲かそう


コメント

名前:
コメント: