閃光ディセンダー

せんこうでぃせんだー【登録タグ: くるりんご 初音ミク

作詞:ミルクラ(くるりんご)
作曲:ミルクラ(くるりんご)
編曲:ミルクラ(くるりんご)
唄:初音ミク

曲紹介

  • ミルクラ(くるりんご)氏 の9作目。
  • この曲の世界観についての解説はこちらから。

歌詞

河原の土手の草むらで
遊び事に夢中な子ども
兄弟なのか友だちだろうか、
僕は何気なく思考交える

悪戯に笑うその少女は
あまりにも彼女に似すぎていて
ああ、もう考えるのは止そう

思い出に浸りたくなくて眠り、逃げる
記憶が掘り起こされて夢にまで見てる
黒い残像の彼女は僕に言う
「さぁ、歯をくいしばれ」

自己に嫌悪、
さまよう彼の姿はまるで
四面楚歌

影殺し繰り返し
君に会いに行くよ
年月を 隔てては
突き刺す 眼光

感傷を 飛び越えて
斬りかかる その前に
僕が、助けてあげるよ

夕暮れたそがれ夜が来る、
子どもはおうちへ帰ります
足早にすれ違う子どもらに
いつかの自分重ねたりして

「それは家の中に入れちゃだめよ」
声の先へと振り返る少女
赤い花二輪握り締めて動かない少年

咲いてる赤い花 視界を埋め尽くす
睨み付けて精神統一、立ち回る
矛先の彼は問う
「僕の言葉は聞き入れてくれないのか」

自己の確立、
揺らぐ彼女の心は時に
独裁者

感情を引きずって
君に会いに来たよ
閃光を凌いでは
突き刺さる 衝動

外れ道、背を向けた
その後でもいいから
私が、助けてやるよ

あんな事、あんな事、
君は知らなくていいよ
こんな僕、弱い僕、
君は知らないでいいよ

降り続く雨の中すべてを知った君に
泥だらけ泣き腫らした君に
殴られた

僕だけが背負う程に君は
子どもじゃなかったね
向き合った目に映る
君に似た影

とうの昔々斬捨てた
けんかの続きをしようか
ちゃんと仲直りできるかな

コメント

  • 大好きです -- 名無しさん (2012-09-11 07:27:05)
  • すごい! -- ミルキー (2012-09-22 09:34:18)
  • もっと伸びてほしいなぁ -- くるん (2012-10-02 20:20:35)
  • ↑↑↑↑↑↑↑↑(念) -- 名無しさん (2014-05-22 13:52:02)
  • 雷鳴と雷光か、やっぱりくるりんごさんはセンスあるなー。 -- 名無しさん (2015-04-25 19:09:02)
  • カッコいい曲だ(^^;)))よくこんな歌詞作れるな~。 -- アイスクリーム (2015-07-24 13:37:54)
  • (´-ω-`)好きだァァァ -- 名無しさん (2015-07-28 22:46:53)
名前:
コメント: