化け猫ノスタルヂア

ばけねこのすたるぢあ【登録タグ: IA 灯下はこ、 (∵)キョトンP

作詞:灯下はこ、
作曲:(∵)キョトンP
編曲:(∵)キョトンP
唄:IA

曲紹介

  • (∵)人間に恋をしてしまった妖怪の話。(作者コメ転載)
  • 歌詞を 灯下はこ、氏 が、イラストを 夕暮茜氏 が手掛ける。ギターは アキバヲタP が演奏。

歌詞

甘い香の水で顔洗い
閉じた廓(くるわ)で肌汚して
襖(ふすま)閉め影が嗤(わら)う
誰も帰してはいけない、と

欠けた簪(かんざし)を宛(あて)がって
首輪の代わりに印(いん)を付け
手招き誘った男たち
喰われて喘(あえ)いで食い返す

一夜(ひとや)の夢が終わらずに
恋をしてしまったようで
唇寄せ 震える声で囁いた
「どうか今日は帰りなさい」

雑踏の中ひとり揺々(ゆらゆら)と
陽炎(かげろう)のように歩いて行く
もし貴男(あなた)との恋が許されるなら
何だってするわ 化猫遊女

刹那の逢瀬(おうせ)に酔った日も
朝が来れば心も醒めて
寝子(ねこ)は今日も喉鳴らし
白い肌に痕(あと)を刻んだ

人のフリさえ出来ないで
恋に咽(むせ)ぶ間に爪を磨(と)ぎ
散々汚れた筈(はず)が
貴男(あなた)を愛してしまったの

指を切れども足りなくて
犯した罪 償えずに
追われても 貴男(あなた)に一目会いたくて
殺す息は闇に紛れ

雑踏の中音は華螺華螺(からから)と
下駄を鳴らし歩いてく
「おやこんなところでどうしました」
狂うほど愛しい声がした

“此ごろ猫またざたの気味わるく”
けれどあたし恋をした
幾度も希(こいねが)う儚き藍(あい)
手を繋ぎ見上げる遠い空

夢の果てには二人綺羅綺羅(きらきら)と
幻のノスタルヂア
この手を取って逃げてくれるなら
どこまでも行ける気がしてるの

ふと眼をやれば囲む銀の影
喉笛 息に喘(あえ)いで
もし貴男(あなた)との恋が許されるなら
何だってするわ 化猫遊女

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2012-03-25 16:12:41)
  • すばらしいのktkr -- ロンリィガイ (2012-03-25 23:27:58)
  • やばいw 最高やなっ -- 名無しさん (2012-03-26 13:18:49)
  • 何故伸びない…何年かかっても良いから殿堂入りしてほしいよ… -- 名無しさん (2012-04-11 02:41:58)
  • ほんっと、好きなんだが。伸びろぉぉぉ!! -- 名無しさん (2012-08-06 21:37:11)
  • いや、マジこの曲好きだ! -- あっぽん (2012-12-05 19:04:36)
  • この曲マジハマる!殿堂入りしてくれ~m[_ _]m -- 中似病 (2013-09-24 11:23:18)
名前:
コメント: