1945


作詞:●テラピコス
作曲:●テラピコス
編曲:●テラピコス
唄:初音ミクAppend(Solid)

曲紹介

  • ●テラピコス氏 の28作目。
  • イラストは 杏仁無双氏 が手掛ける。
  • フリーアルバム 「nu.ep」 収録曲。

歌詞

降りそそいだ星粒の灯が
瞬いて 夜に溶け落ちた

花桜散る晩春の夕暮れ想う
遠き日 あなたと結いだ指

夕闇 羽ばたき裂いた
桜の花は紅く血を燃やした
吹き荒ぶ風は遥か
幸せ謳(うた)う祈りをのせて

去りし日に紡いだ言葉に
溢れ出す 行き場のない返事

小鳥さえずる春暁の煌く青が
今日の平和を告げるよう立つ

必殺の火が殺した逡巡(しゅんじゅん)も嘘も
信ずるものの為
白雲の狭間を越えて
行方は やがて来る
その幸福な未来へ

過ぎ去りし日を想えば
高鳴る胸と竦(すく)む身体を抱き
ただ地上に残した
君のことを想わずにはいられない

強く願う
これからの人生を生きる君よ 嗚呼
満開の桜が似合う笑み
その笑顔が永久に輝くよう

コメント

  • すき! -- 名無しさん (2012-03-26 11:05:10)
  • 特攻隊の歌か・・・ -- 名無しさん (2013-01-08 22:46:21)
名前:
コメント: