無想

むそう【登録タグ: KAITO 刹那P

作詞:刹那P
作曲:刹那P
唄:KAITO

曲紹介

ドライな兄さんは好きですか――。
  • 早春、原風景、古い映画をイメージして作ったビートロックです。
    全体的にビンテージな音作りを目指しました。(以上作者コメより)


歌詞

ピアプロより転載)

何も語らず 瞳閉ざして
戻らぬ日々を浮かべる
虚ろな瞳 その身映せば
白い時が二人包む

遠ざかる影 通り過ぎる時    
何処かで失った指輪
古い映画の1シーンのように
フラッシュバックしていく原風景よ

浮かんでは掠れゆく思い出達
掴んだと思えば弾けては消えた
僅かに残る 夢の跡
消せはしない永遠に

密かに瞳の奥想えば
微かに甦る君
記憶頼りに想い綴って
白いキャンパスを埋める


愛しい声 取り戻せずに
セピアに染まりゆく記憶(メモリー)
写真の中で笑みを浮かべた
原色のままの君にサヨナラを

そう、儚い思い出 抱いてたから
風の中で君よ、安らかに眠れ
頬を伝う涙の跡
いずれ消えゆく 冬のように

新たな季節を感じながら
独り立ち尽くしていた
時の香りに影を残して
静かにつむじ風が舞う



Wow 灰色にフラッシュする時の中で
君と激動の日々 過ごしてきたから 
どんなに眩しい栄光さえ
霞んで見える幻

光の筋に影を映して
静かにフィルムは回る
緩やかに巡る歴史の中で
一つの時代が終わる

幾多の出逢いは風と共に
忘却の彼方に消えた     
それでも決して忘れはしない
貴方と巡り逢えた事…

コメント

  • 追加乙!!! -- 名無しさん (2012-03-30 22:04:10)
  • いい曲だ~ -- 名無しさん (2014-09-29 20:28:12)
名前:
コメント: