華添え詩

かぞえうた【登録タグ: shalo 初音ミク 氷咲梨奈

作詞:氷咲梨奈
作曲:shalo
編曲:shalo
唄:初音ミクAppend

曲紹介

  • 幻想第二弾、今回は桜に纏わるお話。(作者コメ転載)
  • テーマは「夜桜」「悲恋」ということで。ひふみよ…と一つずつ思い出を手折っていくけれど、消えない悲しみを綴ってみました。
    でも結局は忘れたいのではなく、良い恋だったとうまく帰結したいのです。(作詞者コメ転載)
  • 歌詞を 氷咲梨奈氏 が、イラストを あめの氏 が手掛ける。

歌詞

ひとつ 人の夢と
ふたつ 触れた肩

みっつ 見つめた瞳と
よっつ 宵の恋

手折るほど 滲む 想いの雫数え
結ぶ指 されど 貴方を探してる

映して 夜の華
巡り会えた日の 香を残して
舞い咲く 夜の華
その眩さを いつまでも
失くさぬように 添えた詩

いつつ 何時もの声
むっつ 睦(むつ)み言

ななつ 涙の理由
やっつ 優しさも

手折れども 足りず 想いは募り昇る
泣く木々に 重ね 貴方を探してる

隠して 夜の華
消える微笑みを もう赦して
散り逝く 夜の華
その面影を いつまでも
忘れぬように 添えた詩

“もういいかい?” “鬼さんこちら”
薄紅の下でつかまえて
去る足音 帰らぬ遊戯
“ねぇ もういいよ”

さくら 彩る空
注ぐ 月の陽が 貴方
永久に響け この魂
淡い 痛み抱いて

さくら 煌めく空
照らす 星の陽が 貴方
永久に響く この愛は
遠く 時を越えて

生きる 時を越えて

コメント

  • 追加Thanks! -- 佳代 (2012-04-27 21:57:31)
  • 泣いた(´;ω;`) -- 闇唄蓮音 (2012-04-29 21:30:14)
  • あまり知られてないのが悲しい…今更知った俺が言うことでもないが -- 名無しさん (2015-12-24 17:30:28)
名前:
コメント: