悠遠の唄

ゆうえんのうた【登録タグ: まいなん 猫虫P 鏡音リン

作詞:まいなん
作曲:まいなん
編曲:猫虫P
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 今作ではまいなん氏が作詞作曲をし、猫虫Pはアレンジのみ。
  • PVを ソライロ氏 が手掛ける。
  • 猫虫PのCD 『ねこ転び*むし起き』 収録曲。

歌詞

揺らぐアスファルトの上 歩いていく
同じリズムを刻んで 冗談交じりに
少し先の事なんかは忘れて
現在(いま)だけを生きられたら どうだろう

目を背けたら 自分の道を見失うけど

銀色羽ばたいて 空に線を描いて
かざした手を すり抜けて消える
この時間もいつか遠くへ行ってしまうって
そっと 瞼(まぶた)閉じる

偶然を信じるのは容易く
ありふれた現実でも 悪くないけど
明日は明日の風が吹くように
そんな風に生きてみたら どうだろう

まだ見ぬ空へ飛び立ちたくて 思いを馳せた

飛沫(しぶき)舞い上がって 空の青に染まって
沈む太陽 煌めいて溶ける
鮮やかに世界は色を変え続けていく
二度と来ない瞬間(とき)を

銀色羽ばたいて 空に線を描いて
かざした手を すり抜けて消える
心はいつまでも 僕らだけの世界で
今も遥か

同じ空見上げて 笑いあってた日から
変わらないまま 変わり続けてる
この時間がいつか遠くへ行ってしまっても
忘れないで 思い出して
青い空を見上げ

コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2012-04-23 08:18:36)
  • こめ少なっ!! -- 名無しさん (2012-07-20 00:45:45)
  • いいね -- sigu-シグ- (2013-08-08 00:42:22)
名前:
コメント: