健忘症

けんぼうしょう【登録タグ: 初音ミク 藤本薪

作詞:藤本薪
作曲:藤本薪
編曲:藤本薪
唄:初音ミク

曲紹介

健忘症、忘れる事を病と呼んで
  • カナブンPこと藤本薪氏の5曲目。

歌詞


わすれられないことがある
わすれられないひとがいる
それはそれでいいのではないかと
思い始めてる僕がいる

わすれられない辛さとか
わすれられない苦しさだとか
それはそれでいいのではないかと
慣れ始めてる僕がいる

健忘症、忘れる事を病と呼んで
もうどうしようもないよなこと
諦めさせてはくれないや
そう、僕は健康体だからわすれたりは
しないよ、できないよ、したいよ、させておくれよ


内側にできた傷がある
医者にも見せずに隠してる
忘れたフリして街を歩いてると
思わぬ所で痛み出す

内側の傷を眺めてる
着々小さくなっていく
それはそれで悲しくなってきて
もう一度傷を拡げてみる

健忘症、忘れる事を病と呼んで
もうどうしょうもないことを
諦める辛さから
逃げるけどぼやけていく日々のディテール
消えちゃうよ消えないで行かないで前を向かさないで


健忘症、忘れる事を病と呼んで
もうどうしようもないよなこと
諦めさせてくれないや
そう、ぼくは健康体だからわすれないよ
辛くてもいつまでもいつまでも

もし僕が本当に健忘症になっちゃって
君のこともこの傷の意味も忘れちゃっても
もう、治さないで大事に傷をつけるよ
そうしたら時々は思い出す気がるすな
いつの日かいつの日かいつの日かいつの日か


コメント

名前:
コメント: