シャドウ・シアター

しゃどう・しあたー【登録タグ: ゐつ 巡音ルカ 雨傘P

作詞:ゐつ
作曲:雨傘P
編曲:雨傘P
唄:巡音ルカ

曲紹介

暗闇の映画館にひとり舞う影。
  • わたしは影絵で影絵はわたし。さあさ、どうぞ貴方もご一緒に。(作者コメ転載)
  • 歌詞を ゐつ氏 が、PVを タナカミ氏 が手掛ける。

歌詞

寂れた映画館の奥
始まるよ、影絵のショータイム
今日は 電線に引っかかり帰れない月のお話

『静かに朝がやって来て 横顔を見せた太陽
 密かに恋してた月は、細く細く消えていったのさ』

フィルムの欠けた 空の映写機 腹を回しカタカタ笑う
彼女が口に入れた飴玉 ほんの少し苦いカラメルの味

いつからか体と別れて 一人歩きの影
壁にへばりついて1・2・ワルツ
彼女だけが気付いていた

寂れた映画館の隅
ご覧あれ、影絵のショータイム
今日は どこかの図書館に横たわる本のお話

『積もりに積もってく埃 思わず本はくしゃみして
 頁に乗った文字たちは、バラバラに飛び散っちゃったのさ』

煤にまみれた丸いランタン 首を揺らしカラカラ笑う
彼女の足を撫でた溜め息 ほんの少し甘いオリーブの色

持ち主はとうに息絶えて 一人歩きの影
視線から隠れて1・2・ワルツ
彼女だけが見つめていた

「貴方もそこで踊ればいかが?」
「だけどあそこは、眩しすぎる」
彼女の指をぽつり濡らした涙すらも 淡く染み込む黒で

それなら照明を落として ひとり幕の上へ
「誰かの手を取れなくても、踊れ! 私だけは見ているわ!」

闇の中 くるくるり影が回る 観客は一人
彼女のためにある まっくろキネマ
鳴り止まないアンコール

コメント

名前:
コメント: