DAYBREAK > yukke

【登録タグ: D yukke 潮音 鏡音リン

作詞:yukke
作曲:yukke
編曲:yukke
唄:鏡音リン

曲紹介

朝焼けはまた繰り返し、今日という日を刻んでゆく
  • YUKKE氏 の11作目。
  • 本作は、閉塞感がテーマ。今回から名義を小文字の「yukke」へと変更した。
  • イラストは 潮音氏 が手掛ける。

歌詞

声無き声が 慟哭に消え失せてゆく
何処へ向かうべきなのかも解らずに
月の光は 錆びた過去を映す様で
道行く人は 皆それに目を背いた

瞬く間に過ぎ行く喧騒に
僅かな嘆きを払い
零れ落ちた 刹那の幻想に
恍惚にも微笑む

誰もが皆 無彩色に塗られた街で
抱いた夢さえ隠してしまった
終わりの無い幻想に今も捕われて
囁く声が鳴り響く
見立てる時を捜している

赴くままに 痩せた足で駆け出した
白い夜明けの訪れを 待ち焦がれ
揺らめく想いや 感傷さえも溢れ出して
「こんなんじゃない!」と、私は声を荒げた

身を寄せ合い 傷を慰め合い
渇いた身体に濯ぐ
交わした仮初の絆さえ
心満たしてゆく

胸に秘めた 灼き付く記憶に苛まれ
大切なモノを無くしてしまった
過ぎた日々よ さよならさえも言えぬままに
朝焼けはまた繰り返し
今日という日を刻んでゆく

虚飾に染まった 錆び付いた日々に
別れを告げる 花を捧げましょう
薄暗い空に 昇り出した陽が
そっと頬を撫でる

行く当ても無く
嗚呼・・・孤独に孤独に震えている
膝を抱えたまま

誰もが皆 無彩色に塗られた街で
瞬く間に変わってゆく
見立てる時を・・・

胸に秘めた 灼き付く記憶に苛まれ
大切なモノを無くしてしまった
過ぎた日々よ さよならさえも言えぬままに
朝焼けはまた繰り返し
今日という日を刻んでゆく

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2012-05-22 04:18:54)
名前:
コメント: